三井住友銀行 借り換え

MENU

三井住友銀行カードローンは借り換えローンとしても利用可能?

ほとんどのカードローンは借り換えローンという商品はなく、それぞれフリーローンの範囲内で借り換えする事になります。ですので

 

 

借り換えに対応しているかどうかのカードローン会社の姿勢が借り換え利用する際には重要になってきます。


三井住友銀行カードローンの借り換えに対応しているかどうかの姿勢

三井住友銀行カードローンの公式ホームページを確認したところ、

 

 

借り換え利用可能の文字が消されていました。申込フォームの利用目的の項目も借り換えの選択が削除されていました。


昨今、銀行での借り換えが債務超過を助長しているという世論や金融庁の見解で、借り換えの獲得を自主規制しだしています。メガバンクの三井住友銀行カードローンも例に漏れず、こういった自主規制を行っており、

 

 

今後、銀行での借り換えをするのは非常に難しくなってきます


ただし、三井住友銀行カードローンに電話で問い合わせたところ、借り換えは可能なようなので低金利な三井住友銀行カードローンに借り換え申し込みが可能です。

低金利な三井住友銀行カードローンに借り換える

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

万が一低金利な三井住友銀行カードローンの借り換えで審査が通らない場合は、審査能力の高い大手消費者金融でどのようにして借り換えをすればいいのか見ていきましょう。

大手消費者金融で借り換えをするには総量規制をしっかり理解する

三井住友銀行カードローンは借り換え可能ですが、その他の銀行が借り換えを自主規制している状況では大手消費者金融に頼るしかありません。

 

 

もともと銀行カードローンは審査が厳しく、既に借入のある借り換えでは更に厳しくなりますので大手消費者金融がベストです。


借り換えをするにしても、審査に通らなければそのメリットを享受できないのです。しかしその大手消費者金融でも総量規制がありますので申込方法には注意を払わなければいけません。

総量規制の範囲を超える借り換えの場合大手消費者金融ならどうする?

大手消費者金融での借り換えの際に注意しなければならないのが総量規制です。総量規制では、

 

 

既存の貸金業者からの借入+借入希望金額が年収の1/3以下にならなければ消費者金融は貸すことが出来ません。


なので借り換える金額の倍の数字が年収の1/3までに収まらなくてはならないのです。どう言う事か例を上げると、

 

年収450万円の方が消費者金融A社で50万円、信販会社O社で50万円の借り入れをまとめたいとします。既存の貸金業者からの借入が100万円、借り換えのための借入希望金額が100万円で200万円となり、総量規制の範囲を超えてしまいます。

 

この場合、貸金業者ではすでに法律的に借りれる金額を超えているので通常は申し込みが出来ません。しかし総量規制には例外規定があり、

 

 

顧客に一方的有利な借り換え』は総量規制の範囲を超えて貸し出し可能なのです。


顧客に一方的有利な借り換えとはつまりこの借り換えのことです。この例外規定を適用した商品であれば、総量規制の範囲を超えても大手消費者金融で借り換えが可能なのです。

 

プロミス・・・貸金業法に基づくおまとめローン
アコム・・・貸金業法に基づく借換え専用ローン

 

大手消費者金融ではプロミスとアコムが総量規制の例外が適用された上記の商品があります。こちらに申込めばいいのですが以下の注意事項に気をつけなければなりません。

 

 

  • 専用申込フォームがないのでネット申込後にプロミスに電話した方がいい。
  • 銀行からの借入(銀行カードローンを含む)クレジットカードのショッピング枠はこの商品で借り換える事は出来ない。
  • 借り換え元にはプロミス・アコムが代理で返済するので借り換え金額は手元には入らない。

プロミス・アコムの借り換え用の商品には専用申込フォームがありませんので、一般ネット申込をした後に電話して借り換えですと伝える必要があります。申込フォームの内容からみて向こうから借り換え商品を案内してくれる場合もありますが、電話した方が確実に総量規制の例外が適用された商品に申込めます。

 

銀行からの借入やクレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外ですから、この借り換え専用商品で借り換える事は出来ません。この場合は一般申し込みで借り換える事になりますが、その場合は総量規制の範囲内に収まることがほとんどです。例に上げると、

 

年収450万円の方が銀行カードローンBで50万円、消費者金融M社で50万円の借り入れをまとめたいとします。既存の貸金業者からの借入が50万円、借り換えのための借入希望金額が100万円で150万円となり、総量規制の範囲内に収まります

 

この場合は総量規制の例外が適用された商品じゃなくても借り換える事が出来ますのでモビットでも可能になります。

借り換えに適した大手消費者金融
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

三井住友銀行カードローンより低金利な借り換えカードローンがあります!

あなたはどちら?

  • 三井住友銀行カードローンに借り換え
  • 三井住友銀行カードローンから借り換え

三井住友銀行カードローンに借り換え

三井住友銀行カードローンは低金利で便利なカードローンですし、借入可能額も800万円と高額になっていますので借り換えには十分適しています。

三井住友銀行カードローンから借り換え

三井住友銀行カードローンも低金利ですがもっと借り換えに最適な低金利カードローンがあります。ただやはり低金利な三井住友銀行カードローンから借り換えるとなれば更に厳しい審査を受ける事になります。

- 100万円以下 100万円超200万円以下 200万円超300万円以下
三井住友銀行 カードローン 年12.0〜14.5% 年10.0〜12.0% 年8.0〜10.0%
MR.カードローン 年7.39%〜年14.79% 年5.79%〜年11.99% 年4.39%〜年8.39%
イオン銀行カードローンBIG 年13.8〜8.8% 年8.8% 年7.8%
のりかえローン 年7.8〜9.8% 年7.8〜9.8% 年7.8〜9.8%

※スマホではスライドしてください
のりかえローンは借り入れ枠ごとの金利が掲載されていなかったのですが、それでも年7.8〜9.8%と最高金利も低金利。イオン銀行カードローンBIGの方も三井住友銀行カードローンに借り換えるよりも低金利になりますが、利便性を考えて選ぶ必要があります。

借り換えならこのカードローン

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円
MR.カードローン【住信SBIネット銀行】

金利 年利 0.99%〜14.79%
限度額 最高 1,200万円

小額の借り換えなら無利息サービスのあるカードローンがお得

小額の借り換えならそれほど金利も変わりませんので無利息サービスのある大手消費者金融という選択肢もあります。早期返済が出来るなら無利息サービスを使えば低金利カードローンよりも利息を抑える事も可能です。

 

 

例えば15万円借り替えて元金5万円ずつ三ヶ月で返済したときの利息は以下の通りです。


- プロミス アコム 三井住友銀行カードローン モビット
1ヶ月目の利息 無利息サービスにより0円 無利息サービスにより0円 およそ1,788円 およそ2,219円
2ヶ月目の利息 およそ1,463円 およそ1,479円 およそ1,192円 およそ1,479円
3ヶ月目の利息 およそ732円 およそ740円 およそ596円 およそ740円
利息合計 およそ2,195円 およそ2,219円 およそ3,575円 およそ4,438円

便利な三井住友銀行インターネットバンキング(SMBCダイレクト)

インターネットバンキングを利用していないと、振り込みや口座の残高照会など、銀行やATMに出向いて手続きをしなければなりません。忙しい時や、どうしてもATMまで行けない時、家の近くにATMがない時などは不便ですね。

 

この時、インターネットバンキングの申し込みをしておくと、自宅のパソコンからこれらの手続きが簡単にできてしまうんです。振り込みや残高照会だけではなく、定期預金や積み立ての申し込み、解約も出来てしまいます。

 

自宅のパソコンが、銀行の窓口になってしまうという、とても便利な機能です。このインターネットバンキングの申し込みもまた、パソコンか行うことが出来ます。

例えば、

  • 車や家のローンなどの引き落としが確実に行われているか?
  • 思いがけない別の引き落としがあったことによって残高不足になっていないか?

という確認も自宅で簡単に行えますね。

ATMに行けないことにより、

  • 延滞に気づけなかったり
  • れによる延滞手数料が余計にかかってしまったり

ということも防げます。定期の申し込みや解約も、自宅でどうしようかじっくり考えて、手続きを行うことが出来ます。銀行で長時間待たされたり、手続きに時間がかかることで不快な思いをする事も避けられますね。

 

さらに、振込手数料も、窓口やATMで行うよりもインターネットバンキングの方がお得に設定されています。3万円の振り込みをした際、窓口だと648円、ATMだと432円のところ、インターネットバンキングだとわずか216円なので最大で432円のお得になります。

 

1回の振込ではそれほど感じなくても、振り込みを定期的に行う場合、数百円でもお得な方がいいですね。もちろん、窓口できちんと説明を受けて手続きをしたいという方もいると思いますが、この場合、電話でも確認ができるので、インターネットバンキングでも窓口に行っているのと同じような感覚で手続きが行えます。

借り換え目的で利用するなら申し分ないスペックの三井住友銀行カードローン

三井住友銀行といえば多くの利用者と預金残高をもつ日本屈指のメガバンクです。それだけに優れた安心感と高い信頼性を持っており、ブランド力としては申し分がない銀行といえます。カードローン商品としても、適用される金利は

 

 

実質年率で4.0%〜14.5%という低金利


ですので、借り換えの利用やブライダルローンとしての利用についても申し分はありません。また、借入が可能な金額としても最大で800万円ということもあり銀行系カードローンの中でも非常に高い人気を持っているといえます。このように、借り換え目的として利用するのであれば安心感だけでなく

 

 

実用面においても申し分がないスペックを備えている三井住友銀行カードローン


ですが、金利が低くなればそれだけ審査も厳しくなるのが通常です。三井住友銀行カードローンにおいてもそれは例外ではなく、高い信頼性の背景には厳しい審査基準が設定されていると考えておいた方が良いでしょう。

 

借り換えの審査で重視される項目としては、やはり「多重債務」がひとつのポイントとなりますが、三井住友銀行カードローンも同様です。ここでいう「多重債務」とは、必ずしも既存のカードローンだけとは限りません。

 

たとえば所有するクレジットカードの枚数や発行されたクレジットカードの利用状況なども審査対象として含まれる場合があります。そのため、既存のカードローンで特に滞納などの問題がなかったとしても、クレジットカードの支払いで延滞などがあればやはり

 

 

三井住友銀行カードローンの借り換え審査では通らないケースが出てきます。


また、年収と借入のバランスにおいても借り換えの審査で重視されるポイントです。三井住友銀行カードローンは総量規制の制約を受けずに利用できますが、それでも年収が少ない状態であまりにも多い借入を利用しているとなれば、やはり審査に通過できない可能性も出てくることになります。

 

優れた性能を持ったカードローンだけに、借り換えの申し込みに際しては細心の注意を払いつつ万全の状態で臨みたいところです。また、即日融資に対応した無担保ローンもお勧めです。

 

借り換えにも対応としっかり三井住友銀行カードローンの姿勢が示されていました。


極度額(借入枠)が大きくなるほど他社に比べて金利が低くなるので複数カードローンの借り換えに負担軽減になるとしっかり説明されていますので審査にはしっかり考慮されるはずです。

三井住友銀行カードローンの借り換えローンとしての申込

三井住友銀行カードローンを借り換えローンとして申込む際も、通常申込と同じ要領で申込みます。申込は

 

 

  • かんたんお申込
  • 通常お申込

かんたんお申込の方は、小額借入をする際の申し込み方法ですので、借り換えで三井住友銀行カードローンに申込む場合は当然30万円以上になってくるでしょうから通常お申込で申込みます。

 

 

30万円以下で今の金利より出来るだけ下げたいので借り替えたいんだけど・・・


こういった場合はかんたんお申込でもいいのですが、これくらいの金額では余程返済できる金額が少なくて、長期の返済にならない限りそれほど利息も変わらないでしょう。そもそも三井住友銀行カードローンは最低返済額が1万円からなので返済できる金額が少ない場合は返済不可能になってしまいますが。

 

通常お申込から申込むと、

 

 

  • ご本人について
  • ご自宅について
  • お勤め先について
  • お申込について
  • アンケート(審査には関係ございません)

以上の5つの項目をフォームに記入していくのですが、借り換えで三井住友銀行カードローンに申込む際にはお申込についてをしっかり間違いなく記入する必要があります。

現在の他社お借入件数欄

借り換えるローンの件数を正確に入力しましょう。嘘を書いても信用情報機関などですぐに分かりますので正しく入力しないと信用問題になります。

 

もし件数が多くて一部借入枠に空きがあるようなら先にまとめておいて件数を減らしておく事も有効です。どういうことかというと例えば、

A社で50万円、B社で30万円、C社20万円の借入があったとしてこれをまとめたい。それぞれの借入枠は50万円。B社とC社の借入枠は余っている状態です。

 

ですのでC社の借入をB社で借りてなくしておいてA社で50万円、B社で50万円の2件をまとめると言うやり方です。

ご希望金額欄

借入の希望額を入力する欄ですが、ここはしっかりまとめる金額を入力しましょう。

 

 

決して欲を出して余分な借入枠を申込まないように注意しましょう。


例えば100万円分の借入をまとめたい場合、

 

 

  • また借りることもあるかも
  • また借りて別の事に使いたい

と考えて120万円の希望額を入力しないということです。借り換えローンの際はまとめる分だけ借りるのが鉄則です。消費者金融ではまとめる分だけしか借りれず、返済も本人に代わって業者が振込返済します。

ご利用目的欄

 

ご利用目的の欄は必ず”借入返済資金”にチェックを入れて借り換えの意思を示しておきましょう。