おまとめローンおすすめ

消費者金融でのおまとめローン大手三社の中でお勧めは?

 

消費者金融でも総量規制の範囲を超えておまとめローン可能?

おまとめローンを利用したいと考えた時、年収の1/3を越える借入が不可という総量規制法があるため消費者金融では借金をおまとめ出来ないのではないかと考えるかもしれません。しかしフリーキャッシングは総量規制の対象となりますが、

 

 

貸金業法に基づく借り換えローンであるおまとめローンの場合は、消費者に有利となる借入のため例外的に総量規制の対象外となるのです。


 

ですから、例え年収の1/3以上のおまとめをしたい場合であっても消費者金融のおまとめローンを安心して利用する事が出来ます。尚、

消費者金融のおまとめローンの特徴としては、銀行カードローンやクレジットカードのショッピング枠の返済は対象外である事が上げられます。

 

しかし逆に銀行カードローンやクレジットカードのショッピング枠は、総量規制の範囲に含まれないため、フリーローンでも借入が可能になる可能性が高いです。

消費者金融のおまとめローンを利用する意外なメリット

 

対象となるのは、クレジットカードのキャッシングや貸金業者からの借入の返済のみとなっており追加の融資を受ける事も出来ないのです。追加融資が受けられないという事は不便に感じるかもしれませんが、

 

 

こうした制約がある事によって新たに借金を増やす事なく確実に返済出来ます。


消費者金融のおまとめローンが返済専用であるという事は、多重債務から脱却して生活を立て直すという大きな意義があるのです。

プロミスのおまとめローンが最適である理由

 

大手消費者金融であるプロミス、アコム、アイフルでは3社ともおまとめローンサービスを展開していますがこの中で一番借金の一本化に適している業者はプロミスだと言えるでしょう。

 

 

消費者金融のおまとめローンの金利は全て同じなのかなぁ・・・


まずおまとめローンの選択で大切なのが金利の低さになり、金利が低いことで毎月の返済額も合計返済額も減らせるようになるのです。おまとめローンの金利の低さを比較すると

  • プロミスでは金利が6.3%〜17.8%
  • アコムでは7.7%〜18%
  • アイフルでは12%〜15%

となっています。上限金利はアイフルが15%と一番低くなっていますが、その他の消費者金融も100万円以上のおまとめなら金利は15%以下となるので特別なメリットにはなりません。逆に下限金利を比較するとプロミスの6.3%と圧倒的に低くなっており、

 

 

おまとめローンのような高額の借入では低金利のプロミスのメリットが大きいといえます。


プロミスでは、返済もそれぞれの借入先にプロミスが行ってくれるうえにその時の振り込み手数料もプロミスが負担してくれるのです。またプロミスへの返済方法もインターネットや口座振替、店頭窓口やATMにコンビニや銀行返済と他社よりも多岐に渡っているため、自分に合った返済方法を選べ利便性が高いと言えるのです。

page top