任意整理

任意整理とはどういったものか?

 

任意整理ってなに?

 

任意整理とはどういったものか?


任意整理は、司法書士や弁護士に依頼をし、債権者と話し合いをしてもらう事で借金の減額をします。
具体的には、話し合いにより利息制限法の引き直し計算をして利息を減らし、過去の返済分にもその計算後の利息をあてはめその結果払いすぎていた金額を元本より差し引き、借金の減額を行うという形になります。

任意整理の場合には裁判所に申し立てる必要はありませんので、その点他の債務整理よりも手軽だと言えるのではないでしょうか。任意整理の場合には借金の経緯も考慮されませんから、例えギャンブルなどの借金であっても問題にはなりません。

任意整理のメリット

 

自己破産などの場合には、ギャンブルなどによる借金ではできないなどの条件がありますが、それがないので助かる方も多いのではないでしょうか。この任意整理の主なメリットは、

 

 

  • 安い費用で成功率も高く確実に借金の減額が望めるという事
  • 複数借金がある場合一部の債権者のみと相談をするという事もできる

そういった意味で柔軟性があるという事などです。任意整理にはデメリットも全くないというわけではありません。

 

 

基本的に任意整理をした後5年間は借入ができなくなってしまいます。


またやはり任意整理は気軽である分、他の債務整理方法と比べると減額額が低い傾向にあります。そして、中には任意整理に応じない業者というものも出て来ているという事が懸念されています。

 

ですが、やはりメリットとデメリットを比べてみた時に圧倒的にメリットの方が勝っていると言えるのではなでしょうか。だいたい2万円程で手続きができますから、やってみるだけやってみてなんら損はないと考えられます。

 

この任意整理というのは、自分でできない事はありませんが、やはり成功率は低いですし、手間や労力も必要になります。また一度失敗をしてしまうと、再度チャレンジできるようなものでもありません。費用もそこまで高くはありませんから、失敗をしないためにも司法書士などに依頼をするのが一般的だと覚えておきましょう。

page top