自己破産

意外と詳細は知られていない自己破産

 

自己破産は弁護士に依頼するのが失敗が少ない

自己破産というのは、債務整理の一種となります。

 

 

裁判所に申し立てを行う事によって、財産と引き換えに抱えている債務を帳消しにする事ができる


というものです。この自己破産は司法書士や弁護士に依頼をするのが普通ではあるものの、自分で手続きをする事も可能です。しかしやはり自分で手続きをするのは非常に手間もかかりますし、簡単なものではありません。

 

費用はかかりますが、司法書士であったり弁護士に相談をする方が失敗は少ないと言えるのではないでしょうか。自己破産の場合には、

 

 

ギャンブルなどにより債務は認められないと言われています。


確かに原則はその通りなのですが、実はケースによってはそういったギャンブルによる借金であっても、自己破産ができる事もないわけではありません。ですから、まずは弁護士に相談をするだけ相談をしてみるというのも、一つの手段としておすすめであるという事を覚えておいてください。

 

自己破産の具体的なメリットとデメリットについても、ここで解説をしたいと思います。自己破産はなんといってもいくらであってもその債務を帳消しにできますから、

 

 

マイナスをゼロに戻して人生を再スタートができる


という大きなメリットがあります。自己破産はイメージが悪いと考える人も少なくないようですが、中には借金を苦に命を絶ってしまうなんていう方もいます。それに比べたら自己破産は選択肢としては非常に良いものだと考えられます。

自己破産のデメリットを知ってから検討しよう

 

自己破産のデメリットとしては、

  • 財産を差し押さえられる
  • 破産後5年間は借入ができない

などありますが、借金帳消しのメリットに比べれば微々たるものであると言えるのではないでしょうか。自己破産の必要が出て来ている人は既にほとんどの財産も処分済みでしょうし、差し押さえは生活に必要な家具家電、衣類などには及びません。

 

また現金も99万円以下であればそのまま持っている事が可能になります。それを思えば、やはり自己破産はメリットの方が大きいと言えるのではないでしょうか。

page top