三井住友銀行 借り換え

三井住友銀行カードローンは専業主婦は申込めるの?

 

三井住友銀行カードローンは収入のない専業主婦は申込不可

三井住友銀行カードローンの申込条件に

 

 

契約者に安定した収入があること


とあるので三井住友銀行カードローンは収入のない専業主婦では申込む事はできません。本当に申込めないかどうか編集部で三井住友銀行カードローンプラザに問い合わせたところ、

 

 

三井住友銀行カードローンでは専業主婦の方の申し込みは受け付けておりません


とのことでした。では他の銀行カードローンはどうなっているのかというと、以前は専業主婦でも配偶者に安定収入があれば申込める銀行カードローンもあったのですが、

 

 

金融庁の指導を受けて現在銀行カードローンでも専業主婦は申込めなくなっています。ですので専業主婦は旦那さんにお願いして申込んでもらう(旦那にバレてしまう)か、パートで安定収入があるのであれば以下のカードローンに申込むかのいずれかになります。


主婦でもパートなどで安定収入を確保しているならこちらのカードローンが最適

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

  • パート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能
  • 三井住友銀行カードローン他の保証会社
  • 初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)
  • 新しい即日融資手段でもある『アプリローン』あり
  • 即日振込⇒全銀システム振込み時間拡大に対応しているので原則24時間振込可能(対応金融機関)
  • 即日カード発行⇒契約完了後業界最多の店舗で可能
実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

  • パート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能
  • 三菱UFJ銀行カードローン他の保証会社
  • 最大30日金利ゼロサービス(アコムの契約がはじめての方に限ります)
  • クレカ審査の最後の砦アコムマスターカードあり
  • 即日振込⇒原則24時間振込融資可能
  • 即日カード発行⇒オンライン契約完了後最寄の自動契約機(むじんくん)で可能
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

三井住友銀行カードローンは専業主婦でも利用出来る?

三井住友銀行カードローンは専業主婦は基本受け付けていない

三井住友銀行カードローンは専業主婦でも利用出来るかはお申込み条件をチェックする必要があります。三井住友銀行カードローンでは

 

 

  • 申込時の年齢が満20歳以上満65歳以下
  • 原則安定した収入のある方

 

となっています。このため収入の無い専業主婦の方ではご利用が難しいです。

三井住友銀行カードローンの概要はどうなっているの?

三井住友銀行カードローンの審査結果の連絡は

 

 

午前9時〜午後9時までの時間帯


です。極度額300万円以内なら収入証明書の提出は不要で審査を受けることが出来ますが、旦那さんの名前でお申込みしてしまうと旦那さんの勤務先へ在籍確認の電話連絡がいってしまいます。

 

身に覚えのない在籍確認の電話がかかってきたら、まず疑われるのがご家族の内の誰かです。あとで問題になってしまうので止めたほうがいいです。

 

 

    金利は年4.0%〜14.5%


と大変お得、ご利用限度額も最高800万円と高いです。100万円以下の場合は年12.0%〜14.5%の金利、700万円超800万円以下の場合は年4.0%〜4.5%の金利と極度額に応じて金利が変わります。

 

極度額が多くなるほど金利が低くなってお得な借入ができますが、700万円超800万円以下はよほど信用力と返済能力が無い限り初めてのお申し込みから設定される事は少ないです。

 

初めは低めのご利用限度額が設定され、遅延の無いご利用実績を積み重ねて後から増額申請するという形でご利用限度額を増やしていくのが一般的です。

申し込みはインターネットで

申し込みはインターネットが大変便利です。審査は最短30分とスピーディー、ローン専用カードの受取方法にローン契約機を選ばれますとその場でカードが発行されます。

 

そのカードを使って提携ATMなどから即日融資を受けることが可能、急ぎでお金を借りたいときに便利です。ローン契約機からお申込みすることも可能で、現金が手元にすぐに必要な場合は最初から三井住友銀行本支店内にあるローン契約機へ来店されると良いです。来店するときは

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

など本人確認書類を一点持参するのを忘れないようにして下さい。

消費者金融は専業主婦では利用できない?

総量規制をご存知ですか?総量規制では、

銀行以外のノンバンクは消費者に年収の1/3以上貸してはいけないと定めています。

ですので収入のない専業主婦の申込をアコムが断っているので専業主婦はアコムを利用できない事になっています。その他の消費者金融・信販会社も同様に専業主婦を断っています

専業主婦はアコムなどの消費者金融ではなく総量規制対象外の銀行カードローンへ

アコムのような消費者金融がだめでも金融業会はしっかり専業主婦のための受け皿を残しています。総量規制対象外の銀行カードローンなら配偶者(旦那さん)の収入を与信にして申し込みが可能です。

 

 

  • 旦那の審査をされるのならバレてしまうんじゃないの?
  • 銀行は低金利だから審査が厳しいんじゃないの?

こういった心配は専業主婦を対象にしたカードローンで解決できます。予め借入枠を主婦専用に小額に設定されているローンなので、

  • 収入証明も必要ありません
  • 主婦を対象にしているので配偶者に安定収入があれば大丈夫

三井住友銀行カードローンもともと専業主婦申込不可能だがその他の銀行カードローンでも申込不可能に

今すぐお金が必要な時は即日融資に対応している消費者金融を利用するのが一般的ですが、総量規制の対象になっている金融業者なので誰でも利用する事が出来るわけではありません。

 

 

総量規制は無理な借り入れをして返済が困難になる事を防ぐための規制で、年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。


それにより消費者金融は安定した収入がある人でないと利用する事が出来ません。消費者金融は総量規制の対象になっていますが、20歳以上で安定した収入があれば基本的に利用する事が出来ます。

 

 

しかし専業主婦の場合は収入がない状態なので総量規制の対象となっている消費者金融を利用する事が出来ません。


三井住友銀行カードローンもともと専業主婦がお金を借りるのは不可能ですが、以前は総量規制対象外の銀行カードローンを利用されていましたが、近年の自己破産者の増加によりる金融庁の規制で、専業主婦の申込める銀行カードローンは皆無になってしまいました。

 

消費者金融は総量規制により基本専業主婦申込不可能ですが、法律的には一応条件によっては専業主婦の利用が可能になっています。

 

 

専業主婦が消費者金融を利用するには、貸金業法の配偶者貸付の制度を利用する事になります。


配偶者貸付とは配偶者の夫の収入を夫婦の収入として合算して計算する制度で、利用すると専業主婦も安定した収入があると判断されて消費者金融を利用する事が出来ます。

 

しかし大手の消費者金融は配偶者貸付を受け付けていないので、専業主婦は中小で配偶者貸付を受け付けている消費者金融を利用する事になりますが、

 

 

この配偶者貸付を利用するには、

  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係を示す書類(住民票など)

両方が必要となり、旦那さんに内相で申し込む事ができない為、利用する方は皆無です。


中小で配偶者貸付を受け付けている消費者金融は大手の消費者金融に比べてサービス面で物足りない部分があるので、お金を借りる時は返済計画を立てておく事が大切になってきます。

 

専業主婦が配偶者貸付の貸付の制度を利用して消費者金融に申し込む時はまず必要書類を準備する必要があります。消費者金融を利用する時は本人確認書類と収入証明書が必要書類となりますが、専業主婦が配偶者貸付の貸付の制度を利用する時は住民票や婚姻届受理証明書など配偶者との婚姻関係を証明する書類と配偶者である夫の同意書も必要書類になるので準備しなければいけません。

 

消費者金融を通常通り利用する時より必要書類が多いので早めに準備する必要があります。専業主婦が配偶者貸付の貸付の制度を利用して消費者金融に申し込みをすると基本的には審査が即日回答されて即日融資を受ける事が出来ます。

 

審査は最短30分で回答されますが、専業主婦が配偶者貸付の貸付の制度を利用して申し込みをした時は通常の時より審査が慎重になるので少し時間がかかってしまう可能性があります。限度額は基本的に収入に見合った金額が設定されるので配偶者である夫の収入に見合った金額が設定されますが、専業主婦が利用するという事で低く設定されてしまう可能性もあります。

 

多額の借り入れをするのは難しいのでしっかり頭に入れておく必要があります。また適用される金利は上限金利になる事がほとんどなので高く設定されている事もしっかり頭に入れておく必要があります。金利が高く設定されているとお金を借りた時に加算される利息も多くなるので必要な分だけ借りてなるべく早めに返済する事が大切になってきます。

三井住友銀行カードローンやその他のカードローンに申込んだ主婦の体験談

扶養の範囲で稼いでいる主婦では三井住友銀行カードローンの審査は厳しい

 

結婚と同時に会社を退職して、週3回パートをしています。結婚してすぐに夫の扶養に入りたかったのですが、今年度の収入がすでに扶養の枠を越えていたため、その年は国民年金と国民健康保険に加入して、結構な出費になってしまいました。

 

次年度は必ず扶養を越えないようにと思い、夫の会社に確認をとったりして進めてまいりました。まず、扶養の範囲ですが、パート収入が103万と130万という金額があります。103万までなら、年金も健康保険も扶養に入っていますので別途支払いする必要がありません。130万までなら、健康保険の加入ができます。また会社が独自に決められる扶養手当があります。

 

この場合は会社によって条件が異なるのでしっかり確認をされた方が良いです。私の場合は、夫の会社の扶養手当は103万に合わせてあったので、103万を超えないように調整しています。

 

もちろん会社によっては130万はもとより、140万などでも扶養手当がつく場合があるようです。また交通費ですが、103万までは非課税、130万からは課税の対象となりますので、月々の給与明細を見ながらオーバーしないよう調整することが必要になります。

 

私の場合は週3のパート勤務で、一年を通じて働くと、4〜5万オーバーすることが事前に分かっていました。103万を超えるならその分をカットしておいた方が助かるので、有給ではなく欠勤扱いにしていただきました。自分で計算しながら、あとで後悔しないように調整しておくことが肝心です。

 

扶養の範囲内で収まる収入であれば、三井住友銀行カードローンの審査は厳しいかもしれません。しかしプロミスなら安定収入があればパートでもしっかり審査してもらえたのでいいですよ。


主婦がお金を作るための資格

 

主婦の方が取っておくといい資格としては、医療事務かなと思います。医療事務はもし働きたくなった時には、資格を持っていないと難しい状態です。それを解消するためには、主婦の段階で資格を取ってしまうのです。

 

これから働きたい時に働ける状態となりますし、医療事務は結構希望している所が多いため働きやすいです。色々な視点で見て、資格を取得するかどうかを考えてください。医療事務の場合は通信講座が利用出来るという点でも魅力があります。結構簡単に取得できて、しかも働く時に簡単に利用出来るというのもいいことだと思います。

 

もう1つあるとすれば、簿記の資格を取っておくことです。会計業務などで利用出来る簿記は、主婦の状態で撮っておくと色々なメリットがあります。いざという時は仕事をすることができますし、ちょっとだけ手伝ってほしいと言われた時にも対応できます。そのため主婦が簿記の資格を取るというのも結構いいことだと思います。

 

こうして色々な資格を取っておくと有効となりますので、どの資格が自分に向いているかを考えた上で取得するといいでしょう。ちょっと苦労する部分ではありますが、介護関連の資格を取るというのも有効です。

 

これなら主婦のまま生活している場合でも、介護について分かっているので将来的に安心して生活が出来るでしょう。仕事に復帰するために取得する資格を取るのか、それとも私生活でも有効に使えるものを取るのかはよく考えてください。

 

これらの資格を持ってパートするということは、高収入に繋がるということなので、三井住友銀行カードローンの申し込みにも有利に働きます。


現在ではお金を借りるあてのない専業主婦のちょっとした幸せ

 

前から家族でかにを食べたいなと話をしていました。でもお店で蟹を食べるとすごい値段になってしまいます。家族が多い場合は、やはり外食でかにを食べるとなると高額になってしまうのです。

 

なので蟹は家でも楽しめるのではないのかなと思いました。どこかでおいしいかにが購入できないのかなと調べていました。すると通販ですごくよさそうなかにを見つける事ができたのです。

 

お取り寄せというのは、どんなものなのかなと思ったりしていました。でも、人気かに通販もすごくいいものだなと実感をしたのです。なので、これから注文をしていけるようになれればいいのかなと考えているのです。通販で美味しいかにを注文して家族で食べれればいいなと思います。

 

たっぷりかにを注文しても、それほど高額になりません。久しぶりにかにをたくさん食べたいなと考えています。家族もきっとかにを食べれるとわかると喜んでくれると思います。家族で美味しいものを沢山食べれるのは幸せな事だなと思います。私は専業主婦なのでお金を借りるあてもないのでちょっとした贅沢でも幸せに感じます。


郵便局でお金を借りることができなさそう

 

毎日生活をしていると、ローンを利用をしなくてはと、考える事もあると思います。みんながそんなに裕福ではありません。やはり、普通の人だったりすると、ローンをしてしまっている人もいるのではなのかなと思います。

 

しかし、ローンも誰でも利用ができるわけがないという部分が、ちょっと大変になるかもしれません。私は、ずっと専業主婦をしているので、もちろんローンも簡単に利用ができるわけありません。

 

アルバイトだとしても、やはり審査が厳しいような所では、利用ができないみたいです。しかし、審査がゆるい所は、金利に問題があります。金利が高くなってしまうので、返済が大変になってしまうのです。返済の事を考えると、金利は安い方がいいです。


三井住友銀行カードローンで脱毛始めます

 

そろそろ脱毛しようと思っています。ですがどこで脱毛するのが一番いいのか、分かりません。ちょっと前だったら、脱毛は脱毛サロンでするものだと思っていたのですが医療脱毛もいいかなと思い始めたのです。

 

皮膚科などで医療脱毛する方が、効果があるのではないかと思ったからです。しかし脱毛はとてもお金が掛かるのでとても一括では支払えず、脱毛サロンの提携ローンでは金利がとても高いので銀行の借入で脱毛代を補うことにしました。

 

情報収集のために脱毛の口コミサイトを色々とみて回っているのですが、私は毛が多い方なので『もしかしたらサロン脱毛よりは医療脱毛の方が適しているのでは?』とふと思ったのです。

 

口コミサイトでは、毛が多いのに脱毛サロンに通ってしまってお金も時間も余計にかかって大変だったというコメントがいくつかあって気になりました。結局まだ結論は出せていないのですが、来週一度皮膚科の脱毛カウンセリングに行って色々と相談してから決めようと思いました。

 

一昔前よりは脱毛もリーズナブルにできるようになったとはいえ、それなりに時間もお金も掛かるものだと思うので入念に下調べをしてから通うようにしたいと思います。今回、お金は三井住友銀行カードローンを利用しようと思っています。


page top