三井住友銀行 借り換え

三井住友銀行カードローンの口コミ

 

三井住友銀行カードローンは口コミでは大変いい評価になっています。しかし全てを鵜呑みにしてはいけません。様々な角度でしっかり比較して自身の希望に合っているかどうかで評価するのが一番です。

金利に関しての比較

三井住友銀行カードローンの金利は屈指の年4.0%〜14.5%ですので非常に低金利ということが言えます。他のカードローンでも楽天銀行カードローンも金利年1.9〜14.5%を提示しています。

 

楽天銀行カードローンはネットバンクでキャッシングに力を入れており、グループでクレジット会社を保証会社として買収しているので審査もしっかりしてくれるといえますが、三井住友銀行カードローンではSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスが保証会社なので更に上を行きます。

 

金利に関しては最も重要視しなければいけない最高金利をチェックしてしっかり見比べなければいけませんので様々なカードローンの金利表を一覧にしておきましたので参考にしてください。

様々なカードローンの金利一覧表
カードローン名 契約極度額 金利(実質年率)
三井住友銀行カードローン 最高800万円 年4.0%〜14.5%
MR.カードローン 最高1,000万円 年0.99%〜14.79%
三菱UFJ銀行カードローン 最高500万円 年1.8%〜14.6%
りそなプレミアムカードローン 最高800万円 年3.5%〜12.475%
みずほMy Wing 最高200万 年9.0%〜14.0%
じぶん銀行カードローン 最高800万円 年2.2%〜17.5%
スターカードローン 最高1,000万円 年1.8%〜14.6%
イオン銀行カードローン 最高800万円 年3.8%〜13.8%
セブン銀行カードローン 10万・30万・50万のいずれか 年15%
楽天銀行カードローン 最高800万円 年1.9%〜14.5%
オリックス銀行カードローン 最高800万円 年1.7%〜17.8%
プロミス 最高500万円 年4.5%〜17.8%
SMBCモビット 最高800万円 年3.0%〜18.0%
アコム 最高800万円 年3.0%〜18.0%
アイフル 最高800万円 年3.0%〜18.0%

三井住友銀行カードローンのデメリット

三井住友銀行という、かつて飲料会社のアサヒビール、自動車会社のマツダの再建を行った銀行としてまえまえから有名です。銀行系カードローンのデメリットはと聞かれますと、少し時間が必要ですが、どうも銀行系のカードローンには、一定の法則がありそうで消費者金融系に比べると審査のうえでは不利になってきます。

 

貸金業法では、所得150万円以上の所得がなければ、カードローンの借り枠設定が困難です。いくら金をカードローンで借りたくても、最低所得150万円以上が必要です。この設定をクリアーしない限り、カードローンは存在しないのです。

 

カードローンがいくら便利でも、自分の所得の兼ね合いで、カードローンの借り枠が設定されているのであります。どうも、三井住友銀行のカードローンは、本人の所得額とその増減によって、借り枠が増減するように設定されています。

 

本人の所得額は、仕事の中身であったり、仕事のノルマであったり、所得額が増減されるように考えられているのであります。いくつかの仕事の成功や失敗に、所得額が左右されるようです。しかしカードローンの借り換えのような長期で高額なお金を借りる時にはしっかりと審査してもらい少しでも金利の低いカードローンを選ぶのがベストです。

page top