おまとめローンに必要な書類

おまとめローンに必要な書類

 

おまとめローンをする場合には本人確認書類以外の書類も必要

おまとめローンの必要書類についてですが、先ずはローンを利用する上で必ず必要になるのが、借入をする本人の公的な身分証明書です。基本的には写真付きの身分証明書が望ましいとされているので、運転免許証が推奨されています。

 

 

おまとめローンの申込みに必要な書類って何かなぁ?


 

もし免許証を持っていない場合には、健康保険証+1点(住民票など)やパスポートでも代替が可能です。

 

必要書類で気をつける点とは?

転居して身分証明書上の住所と現在お住まいの住所が違う場合には、社会保険料や公共料金の領収書、もしくは住民票の写しを役所で入手して、身分証明書と併せて提出しなければなりません。

 

但し、これらの書類は発行から6ヶ月以内のものでなければ無効なので注意が必要です。また、外国人の方については、在留カードか特別永住者証明書が必要です。どの本人確認書類も有効期限が切れていないかを確認した上で提出をすることが大切です。

 

 

収入証明は具体的にどんな書面が必要なのかなぁ・・・


 

そして、前年度の収入が確認できる収入証明が必要です。具体的には、源泉徴収票や確定申告書の写しです。会社に勤務している方は、会社から貰う源泉徴収票を提出し、自営業等をしている方は確定申告書の写しを提出することになります。

 

 

これらが用意できない場合でも、住民税決定通知書や課税証明書でもかまいません。課税証明書は役場の税務課で申請すれば入手できますが、その年の1月1日時点で住んでいた地域の役場でなければ発行することができないので注意して下さい。

 

もし、全居住地域の役場から課税証明書を取り寄せる場合には郵送でのやり取りになるので、手元に届くまでにいくらか時間を要します。急ぎでおまとめローンの借入申込をしたい方は、早めに手配をするようにしましょう。そして、

 

 

 

既存他社の借入の残高が分かる書類も必要です。


金融機関で作成してもらったローンの残高証明書や返済予定表を提出しなければなりません。これらは借入額の証明資料として必要です。借りている金融機関が多いほど、その分の書類を用意しなければならないので漏れのないように何度も確認しておく事です。

page top