三井住友銀行カードローン在籍確認

三井住友銀行カードローンの在籍確認はこうなっている

 

三井住友銀行カードローンの在籍確認の電話を恐れるな!

三井住友銀行カードローンも他のカードローンやローンと同様に申込者の在籍会社へ確認の電話は必ずあります。しかし三井住友銀行カードローンの在籍確認の電話も

 

 

担当者の個人名で電話するので会社にバレる心配はありません


ですので安心して申込めばいいのです。現在銀行カードローンの審査は最短でも二日掛かってしまいますが、早めに申込めば最短で審査が完了する可能性が高くなります。

三井住友銀行カードローンのオペレーター名で電話が掛かってくるのが問題ないのであれば申込

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

どうしても三井住友銀行カードローンの在籍確認の電話を避けたい時はどうすればいい?

電話口の方がベテランだったりすると、社員の在籍確認の電話をかなり取ってきているのでどうしてもローンの在籍確認の電話ということがバレてしまいがちです。その他の理由でも、

 

 

会社に電話して欲しくないんだけど・・・


という方は案外多いのです。実際現金商売の会社に勤めていれば、社員がお金に困っていると判断されかねないカードローンの申込は、バレないに越したことはありません。そんな方の要求を満たしてくれるのがプロミスなのです。

 

 

プロミスでは勤務先への在籍確認の電話を別の確認方法での相談も可能なのです。別の確認手段を取れば、会社にの電話を掛けられなくて済ます事もできます。


在籍確認の電話が入る前にオペレーターから了承を伺う電話がありますので、その際に希望を伝えれば別の確認方法を提案してくれます

 

 

でもプロミスって金利が高いんじゃないの?


 

プロミスは消費者金融の中でも金利が低く、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があるので、早期返済により三井住友銀行カードローンなどの低金利カードローンよりも利息を抑える事が可能です。


勤務先への電話連絡を避けたい方はプロミスに相談するといいですよ。

勤務先への電話確認とは別の確認方法を相談できるプロミスの在籍確認

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

三井住友銀行カードローンの在籍確認は避けられない?

三井住友銀行カードローンは年率4.0%〜14.5%

三井住友銀行カードローンは、いわゆる銀行系のカードローンの中では珍しく最短即日融資が可能という特徴をもっています。適用される金利も実質年率4.0%〜14.5%と低い金利となっており、

 

 

借りることができる金額は最大で800万円まで可能です。


銀行系のカードローンのため総量規制の制約を受けることもありませんので、高額融資を希望している人にとってはぜひともお金を借りる候補として考えてみたいところです。

 

三井住友銀行カードローンはネットだけで申し込みが可能

この三井住友銀行カードローンのもうひとつの特徴は、ネットだけでも申し込みが可能という点にあります。来店不要のシステム構築など、消費者金融とほぼ同じシステムが利用可能という点に加えて、低金利で利用できるということを考えれば非の打ち所のないカードローンといえるかもしれません。

 

ただし、そんな三井住友銀行カードローンに申し込むうえでのデメリットとしては、在籍確認が必須という点が挙げられます。というのは、三井住友銀行カードローンの場合他の銀行や消費者金融と同様に、

 

 

「担保」や「保証人」を用意することなく利用することが可能となっている為です。


では保証人や担保を用意すれば在籍確認なしにお金を借りることができるのかといえばそうではなく、そもそも三井住友銀行カードローンという契約要項には担保や保証人に関する規定がありません。

 

更なるデメリットとしては、昨今金融庁の規制により、審査が即日で終わらないようになった為、

 

 

三井住友銀行カードローンを含む全ての銀行カードローンが即日融資不可能になったことです。


三井住友銀行カードローンの在籍確認は担当者が電話をかける

在籍確認の方法は勤務先に、三井住友銀行カードローンの担当者が電話をかけることで行われますが、

 

 

仮に社名を尋ねられても三井住友銀行ということであればそれほど怪しまれることもないでしょう。


 

ただし、普段から電話が掛かってくることの少ない人にとってはかなりの大問題といえるかもしれません。ちなみに、消費者金融業者の中には勤務先への電話連絡ではなく別の確認方法での相談ができる業者もあります

 

そう前述のようにプロミスでは、会社への在籍確認の電話を掛けられる前に、別の確認方法で在籍確認する相談をすれば、会社への電話連絡をできる場合がありますので、もしどうしても電話による確認を避けたいのであればプロミスに相談してみるのもひとつの手といえます。

 

ですが、低金利で最大限度利用額の大きい三井住友銀行カードローンも魅力ですが、どうしても会社に在籍確認の電話を掛けられる事が不安であれば、それを回避できるメリットの事も十分に考えておくべきです。

三井住友銀行カードローンで在籍確認をしない可能性について

三井住友銀行カードローンでは、融資を行うにあたり在籍確認を行っています。銀行カードローンは、消費者金融と異なり総量規制の制約を受けることなく融資を行っていますが、それでも毎月の安定した収入がないという人に対して融資ができるほどではありません。

 

仕事をしていなくても専業主婦の場合であれば配偶者の収入をもとに融資を受けることができるものの、それ以外のケースでは必ず本人に収入が必要となっています。三井住友銀行カードローンが審査において在籍確認を行っている理由は、

 

 

この「安定した収入」を得るための方法を確認するため


 

であり、必須の審査項目です。そのため、在籍確認を受けることなく三井住友銀行カードローンでお金を借りることは事実上不可能ということになります。ではこの在籍確認ですが、「行われない場合」というのはあるのでしょうか。

 

まず、「会社員」や「公務員」などのように「勤務先」というものがある人に対しては必ず在籍確認を行っています。勤務先については申込書類などに記入して申し込むのですが、この記入が正しいのかどうかについては確認しなければわかりません。

 

 

在籍確認とはこうした「詐欺を防ぐ」といった目的もあります


 

ので、在籍確認をしないという「特例」は存在しないといえるでしょう。では「勤務先」がない場合はどうなるのかといえば、たとえば自営業については「勤務先=自宅」のため在籍確認をしてもほとんど意味はありません。

 

そのため、審査においては確定申告などといった書類を確認して返済能力を調べることになります。ただし、自営業の場合はどうしても会社員などに比べると「収入の安定性」が乏しいため、三井住友銀行カードローンでは融資を受けることは難しい傾向にあります。

 

在籍確認をしてもその情報にほとんど意味が無いということからも、自営業の人がカードローンを利用するのであれば銀行ではなく消費者金融で借りた方が借りやすいかもしれません。

 

また専業主婦の場合でも夫に内緒でキャッシングをしたいと希望する人が多いようですが良い関係を続けていく上でも内緒という選択は賢明とはいえません。

page top